2014/04/18

ちくびまつり

1ca3i0035 証拠写真

それ以外のなにと読めるというんだと
開き直りたい気分。

仙台市泉区長命ヶ丘

コットン

1r1053324 ちょっと作るものがあって
オーガニックわたわたを買いました

50グラム500円

さわっていると
心地いいふんわりした感じで
もふもふすると綿の匂いが
鼻から入ります。
今まで感じたことのない感覚。

いかん、きもちいいぞ。作らずに
素材のまま広げて置いときそう。

2014/04/17

禁止

朝7時過ぎ、下のうちのほうで
かんかんかんと金属をたたく音。

ああ、きたか。

仕事を始めていたぼくも戦闘態勢。
爆竹とライターを持って倉庫に行くと
畑の中を、ゆうゆうと歩いているサルがいました。

1r1053316 ぼくを見てすぐ逃げましたが
さるが 椎茸は食わないという情報があったので
安心していました。

残念。
食います
しかも食い散らかします。
食えること覚えたら学習能力高いです。
うらの山のほうのホダギから出ていた
椎茸がすべて食われていました。


1r1053313 そのあと、車に乗って出かけるべく
ちょっと中で仕事をしていて
ふと顔をあげたら、
庭のクローバー畑と化したその心地いい空間の
しかも日向に、おまけに 二匹
四つ葉クローバー探しみたいに
向かい合って座って、クローバーを食ってます。

ピクニックかよ。

思わず、つっこみながらそのままサルのほうへ歩いていくと、
驚いて逃げるかと思いきや、動かない。
さらに近づいて、ようやくのっしのっしと歩きだし、
いのしし除けの柵の向こうへゆっくりと。

1r1053318 ぼくはどうもむっときたので、
そのまま、追跡、
10メーターくらいの距離を保ったまま
ゆっくりとふりむきながら堂々と去るサル。
こっちは、いのしし除けの柵をまたげず
脚がひっかかりいててててってなって
人間除けかよって、思わずひとりでまた突っ込み。
全部で10匹くらいいたかな。

サルと対峙すると、蹂躙されてるみたいにいつも妙に悔しい
せめて、クローバーの庭でなかよくしないで欲しいです。

2014/04/16

食べ物屋さんの水槽

定食頼んだとなりの客がきたとたん笑い声 
残ったら持って帰れるか と聞いています。
骨からはとってお持ちかえりくださいって
なにを頼んだんだろうと思ったら
まぐろのカマ焼き定食。
そうだよなあ、まぐろのあたまのカマだものなあ。

1ca3i0032 杜の市場のなかの
牛タンと牡蠣の食事処。
中央に水槽ならぬ、水耕栽培の漕が
どかんと置いてあります。

で、ここでとれたものをサラダで販売しているみたい。
ふと思ったのですが、水耕栽培って書いてありますけど
水だけで栽培されたかいわれとか
そういうスプラウトと一緒にしがち考えがちだけれど
溶液や農薬を特定の分量で水にまぜているので
正しくは養液栽培と言うべきなのじゃないかな。

専門農家で食べたことがあるトマトは
甘味はあるけれどどうもな味でした。
新鮮をキーワードにだけするなら、
おもしろいし、イメージアップとかのトリックに使える感じ。

1ca3i0033 ぼくが食べたものは、マグロときゅうりとアボガドと松前漬け丼
とてもきれい…だけど松前漬けが糸をひくので
かきまぜたら、きれいじゃなくなりました。







2014/04/14

オリーブオイル唐辛子レモン塩

1r1053311 以前、たしか寒いときに
酔って、なにか作ったのですが
それがいまになって
パスタにかけると、ことのほかおいしくて感激。

なので、もう一度、しらふで作ることにしました。
あのとき入れたらおいしそうなんて

傷む不安抱えつもいれたレモンがよかったので
レモンだけ3倍くらい増量。

それを一週間ほどで取り出して、
冷凍の生唐辛子はあとで入れる予定。

確か塩も入れたと思うのです。
油には無理でも水分に溶けるはず
水分が劣化を引き起こすから塩いれねばと。

酔った自分はそう考えるはずだと予想して
おさじ一杯の塩。

冬に作ったので、冷蔵庫へいれて待ちます。
左側は、以前の成功したもの。
右側が、檸檬増量再現実験。

さてさて。

2014/04/13

そらちゃん初めての野外

1r1053302 今日は、穏やかな、日曜日らしい
日曜日。しことも建てこんでいることもなく
あまりに気持ちがよかったので、
そらちゃんを外に連れ出して
いっしょにクローバー畑の上で
遊びました。

ぼくは、座って、ジンジャーエール。
そらちゃんは動き回りながら
クローバーバイキング。

ひとりと一匹は半畳ほどの同じ空間で
とても幸せなのでした。


2014/04/11

おもいちがい

ブレーキが効かなくなってきたような。
と思っていたら、踏んでないのにキーキー言い出した。

あわてて、タイヤ交換で混むホンダディーラーに
頼んで90分待ち、パッドを代えてもらいました。
16000円。

こないだ代えたばかり。
年に3回は変えたような気がします。
それはさすがにちょっとあんまりでは。
とくに―オートバックスのは
純正より効いて、長持ちと書いてあったのに四か月しか。

手間も費用も掛かるので
もう効かなくてもいいから長持ち=純正という選択。

ところで、くるまで住宅地走っていて
ピンク色の生地に、白の躍ったひらがな文字の幟が目に入りました。
風にゆらゆらと揺れるそこには、「ちくびまつり」、と。
ふーん  と なにも感じず
受け流しそうになったぼくは 多分疲れてる。

いやいやいまさか、まさかとよく目をこらして、
ひらひらしている別の幟をみたら、
書いてあった文字は「さくらまつり」。

幟って鏡文字になるのはもしかして
わざとを狙っているんですかね?。
と、思った瞬間。

春だなぁ。




2014/04/09

ランチローテーション

ランチのエントリが最近あまりないのは、
もともと、ランドマークというか
せんだいという街の地理や位置、
基準を知りたくて最初はあちこち行っていました。
けど…。

行動範囲がある程度、時間も含めて固定化されている毎日なので
いったん気に入れば、
同じ店にいくことが必然的に多くなってくるわけで。

そして何回か同じ店に通った後、少しあいだが空いたりして
久しぶり、とか言われるとあら、ばれてる、すみませんとか
あやまったり言い訳したりして。

待っててくれるなら、申し訳なくて思い出しては行かなくちゃと
ということで、最近、そういう店がだんだん増えてきてしまって
ローテーションしなくてはならなくなり
新しい店に行くことができなくなってきているという感じです。

いま、そういう店が、何軒かな
曜日や場所ごとにあって、これ以上増やせない…。

しらんふりしていてくれれば、埋もれられるのに
お店の人に話しかけてきてくださったりすると
なんかね。申し訳なくて。
あ、でも、
いつもの○○ね?、なんて言われると、ああ期待に応えなくちゃと
思って食べたくないもの食べる時もあって。

みんなそんなときどうしているのかな。

2014/04/08

へんな店

七ツ森のへんな食べ物屋さん。
へんというか、考えようによっては
すっごくまともなんだけれど、
いや、やっぱり変だ…。

日曜日、こんにちは、
と、店のドアをあける。
と、店の中にいる、店の人でないひとたちが
ストーブを囲んで、一杯飲みながら
しゃべっているその視線の集中砲火を浴びる
まず入る前に、覚悟をしなくてはならない。

そして、店の人はどこだと視線を合わせながらその中から探す、

あ、いた、と思ったら、

久しぶりだなあ、と別のひとりに
話しかけられ、えっ、あ、まあ、
…なんといっていいのやら、
まえきたときにいて、
あのときは、そうだ、たしかみんなで食べていた
どこかの売れ残りのプリンをもらったときにいたっけ。

座敷にあがろうとすると、ああ、こっち開けたから
あったまれー、
と、声。
ずらずらっと、男の人、六人か、七人かが
薪ストーブのまわりに座っているよこに入れてもらう。

これ食べれ、全部たべていい。
大きなブリの頭がひっくりかえったのをまるごと渡される。

兜焼きだとか。でもいやそういうわけには…。

だいたいあなたさんは店の人じゃないとおも…

ここにあるの好きなのとって食べてね。
その中にいた、女主人が改めていう。
いや店のひとに、そういわれても…

緊張モードがなかなかほぐれない。

ブリの兜焼きは、ほんの少し。
それとストーブの上のブリ大根と、
あとなんだか、わからないのをいくつか
自分で惣菜タッパーからだして皿に盛る。

それと、おじさんたちに囲まれて
さらにその会話の世界にさっぱり入れない。

軽自動車のバッテリーが高い、八千円もする。
別の人、電動自転車の電池が高い。
27000円もするから買えなくて、
しょうがないから、普通の自転車を買おうかと。
別の人、いやいや、27000円でバッテリー買えば
電動が付いてくるんだから、いいんじゃ?
本人、でもさあ、30Kしか走れないんだよ。
別の人、いやいや、30Kって結構あるべ
石巻あたりまで行けるんでないの?
別の人、それ片道だべ、
帰り帰ってこれねえって。

ぼくはひたすら食べてた。

ぜんぶボケみたいな話に突っ込みたいというか、そもそもの論点が違うというか。

なんかさっぱり食べた気がしないというか
いつ話降られるかと、いうのも妙に緊張で。

帰り際、つやつやのぶりの切り身を
たくさんいただいてしまって、
あらー、
これはどういうことか…。
いつもなにかもらうので来たときミカン数個渡したせいか
500円のカレーに「食べ放題おかず」と新鮮ブリの切り身のお土産がついてきた。

なんか、やっぱり変だよなあ…。

それにあのお互いのことをよく知らないような
おじさんたちはなんで日曜の昼間に毎回
あそこで、できあがっているんだろう。
クルマ屋さんとか、清掃業者さんとか、
それぞれ違う仕事をしているみたいだし…。

女主人は、ここに来たのは17年前で
前のとこと違って、ここは周りから差別的な
変な目でみられるという。
田舎はいやだと、いう。

たぶん、同じようなひとたちが集まっているのかもしれない。

ここのひとはみんな優しい。

2014/04/07

メインの球

 

1r1053208 これも前書いたけど、メインシステムのアンプは、
2A3真空管を使ったパワーアンプのキット。
真空管アンプは少ない部品の中でも
トランスが一番高く、そこをけずれば
いくらでも安く作れるけれど
トランスがいちばん音の良し悪しの影響があるといいます。
その点
サンオーディオはタムラトランスの出身だけあって
いいトランスを奢っています。安いけどずっしり。
SS-G7という、40年近く昔の高能率94dbのスピーカーを鳴らすのに
使おうと…して

そういえば、前にスピーカー修理を頼んだ修理屋さんは
表の顔がオーディオショップで、
そのとき真空管アンプを聞かせてもらったことを思い出して、
問い合わせしました。
もうそのメーカーのは扱いをやめたといいながらだったので
そのときはさほど興味もなかったのですが、
あのときのあのプリは、どこのでしたっけ。
と、担当さんに尋ねたら、
「アハ!」
というドイツのメーカーのだと(冗談ではなく)。
値段聞いたら驚くほど安かったので
良かったら聴いてみます?お貸します。
という言葉に、つい。はいぜひ。

 


プリアンプと、プリメインアンプ
白い手袋付きで両方すぐに送られてきました。


1r1053254 まずは目的のプリアンプから聞きました。
もう全然静かで、無音から、いきなり立体音が
立ち上がる。
でもうちのパワー2A3球とでは相性なのか
ちょっと荒く暴れる音になります。
女性ボーカル、ヘイリーもなんか年取った感じになるので
うーん。

 

 

 

 

1r1053257 もうひとつ

unigiriさんはこちらのほうがお好みだと思うと、店員さんが独自判断で送ってくれたアンプはプリメイン。
どうなんだろう、けれど贅沢にもKT88の球。
KT88アンプとしては最低価格ではないかな。
対して期待はしていなかったのだけれど、
音がでてくると、えっ。
なんてまあ、熱いエネルギーを感じさせて
宙に浮かぶ音だろう。

以前聞いた、アルテックのアンプやスピーカーと似ています。
無音から立ち上がるという感じはないので
そこがプリメインの限界かな。
だけど、音は間違いなくこちらの方が好み。

二週間貸してくれたので楽しみます。


それにしても、
なんだって激安にして、この見た目と音と中身。
トランジスタでこの音はでないし、出すとしてかなりのパワーや
見合う価格も必要。
だけど、昔のアルニコ磁石を使った高能率のスピーカーと
この熱い真空管アンプは相性がよいのです。
スピーカーとアンプ。組み合わせがはまると唯一無二で楽しい。

おつきみうさぎ


  • moon info

うさぎカウンタ

宮城の天気

  • うさぎの天気

うさぎブログ

ページ情報