2014/10/18

引っ越し先

http://unigiri.hatenablog.com

に移動しました。

さようなら

さよならOCN

一方的にさよなら通告をいわれ
途方に暮れつつ
しばらく、じっと考えていた、
このブログ最初から最後のくるときを思っていたことを思いだした。

できるだけ安心を欲しくてNTT/OCNを選んだもの、
プロバイダー、ホームページ、ブログ。

さして使いやすいわけでもなかったけれど
やがて、不便や不自然にも慣れてきたから余計。

どうしたらいいか。 けれど、終わりはもう変えられない
その気になると、あきらめも早いものです。

なんだかんだ、
11月末には、このページは消えると思います。

見ていただいた皆様、お気に入りの登録の変更を
お願いします。
リンク張っていただくとうかびあがれます。

ではまた。

2014/08/31

加茂水族館 クラゲドリーム

1r1054384 次の日は、近くの加茂水族館にいきました。

たしか、15年くらい前に酒田に花火を見に来たついでに
加茂水族館に来たっけ。

 
 
 
 
 
 

1r1054388 そういえば、そのときできたばかりだった
レストランによったけど、今考えたらアルケッチャーノでした。
そのときまだ無名で、ほとんど客もいなくて
シェフが、にこにこしながらパスタに花火さして持ってきて、
ランチなのになにやってるんだこのひと
とか思って、ごめんなさい…。

 
 
 
 

1r1054397 加茂水族館、当時、暗い理科室みたいなとこに、
小さい家庭用の水槽がベニヤで仕切られた棚に
並んでいて、クラゲも二種類くらいたかな、水槽の下に
ゴロンとしていて、なんで水族館にクラゲ?、
予算不足?水槽の穴埋めなのかとか思ったのをこれも
覚えていて、いまやびっくり、クラゲ飼育数で世界一になっていました。
よくあれでお客さんが来たなあ…。
そのほうがすごい気がします。

 
 
 

1r1054406 ちょうどその当時だったみたいですが、クラゲに足を止めるお客さんをみて、
これならいけそう、クラゲを増やそう、
どうせやるなら、日本一を、日本一になったら
次は世界一をと、つぶれかけていた、ときに館長が夢をみて
増やしていったそうです。
(なんでクラゲ?と思った人もいて足が止まったのではという気もしますが)


 
 
 

1r1054415 …それが
今年、新しくなったというニュースを聞いたので
よったわけです。


 
 
 
 
 
 
 
 

1r1054421 いやー、たのしいたのしい。
なにがって、なにがかよくわからないのだけれど
全体にやはりうす暗くて、クラゲにスポットランプが
あたっていて、異様にきれいなのです。
それにくらげって、いままで海の上から、こわーとか
じゃまーとか、見て嫌だと思っていましたけれど
横から見たり見上げたのって初めてかもしれなかったです。

 
 
 
 
 

1r1054430 見ているひとは、たまたまかな、高齢者が多くて
よたよたしているのに、カメラ構えて、
ポーズして、なんだかとってもはしゃいでいるご様子。
童心にかえっているような、そんな様子は
動物園とか、植物園とか、そういうとこでは見たことないな。
不思議なとこです。

 
 
 
 
 
 
 

1r1054490 水クラゲを餌にするクラゲがいて、
ちょうど食餌時間だったので何匹も触手でつかまえて、触手の中にからまっていて
一体化していねのは奇妙…やがて溶けていくのでしょう。(神妙になり写真撮る気せず)

 

  

 
 
 
 

1r1054481_2 きれいな四角い小さなアンドンクラゲは湯野浜の海にもいるようで
刺されるから入らなくてよかった。

繊毛を動かして移動するタイプの
クラゲは、その繊毛に光が反射して線状にきらきら見えています。
UFOみたいなネオンみたいな光り方できれいでした。

 
 
 
 
 


1r1054502 加茂水族館館長ブログ
http://kamo-kurage.jp/kanchobog/ninjoubanasi64/

 
 
 
 
 
 
 
 
 

1r1054469 山形県国際交流協会の記事
http://www.airyamagata.org/2011/07/21/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2%E3%81%AB%E6%95%91%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8/

 
 
 
 
 
 
 

1r1054444_2 グーグルブック検索
「全力でバカをやれば道は開ける」
開けないときはF5キーを押してください

赤字と言っても所詮公務員でしょうと思ったら、とんでもなかった。
個人で16代続いた家屋敷を担保に一億以上の借金をしたとのこと、自分だったらどうしただろうか。

http://books.google.co.jp/books?id=kVSLGp8Nf58C&pg=PA24&lpg=PA24&dq=%E5%BA%84%E5%86%85%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%85%AC%E7%A4%BE&source=bl&ots=xELxZFXUGb&sig=vM3RX78eH4idHlDkkDabt29FKbI&hl=ja&sa=X&ei=a-MBVIycHcHm8AWSwYL4Ag&ved=0CFEQ6AEwBzgK#v=onepage&q=%E5%BA%84%E5%86%85%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%85%AC%E7%A4%BE&f=false


 
 
 
 
 

現場千本ノック(昔の加茂水族館の様子)
http://gemba-sembonknock.com/2012/04/04/0900.html



また行きたいな。

2014/08/30

時代違い食違い

1dsc_0118 明治時代からの旅館だというここの
温泉への通路はちょっと変わっていて
階下の温泉棟にいくトンネル通路に
一枚石でできた滑り台があります。

さっそく滑ってみました、
でも、お尻がはまってしまって…ちょっとびびった。
昭和11年に作られたものなので、
ひとのサイズが小さかったようです。

温泉は源泉かけ流し、とてもあたたまるお湯でした。

源泉の量って全体で決まっているので
自分のところで源泉をもっている以外は
分け合うのでちいさい旅館はかけ流しで
おおきいホテルなんかは循環ろ過で加水になるのは道理。

はなしとしては、ずれるのですけれど、
なんというか、大きく儲けてるとこって
だいたいどこかで裏で設けているところがあるもので
それで余裕ができた表むきで、ゆとりのサービスとして
見せています。

旅館に限らず逆に、こじんまりとやっている仕事では
とてもこまかいところにまで手がまわらないもの、
けれど、小さいとこは隠し事はできない、
裏がないというのも確か。
ごまかしがきかないという部分が全体。

1dsc_0116 さてこちらの宿泊費1万円の旅館の食事。
手をきちんとかけた思いある料理で
とてもうれしくなりました。
なんというか、いい材料という手段が、
目的になっていないというのが、面白いことでした。
普通なら、なになにを使った、なんという風に作った料理です
というところ、ここではただでできて、それでおしまい。

ほとんどひとりで配膳をしているので
説明をとる時間や日々かわる料理の説明書きなんというものに
手を取られるよりきていただいたお客においしいと味わってもらえればという
目的がきちんとしているという部分です。

1dsc_0117 とはいえです。
料理を食べていて、はて?
これおいしいんだけれど、なんだろう。
と、思ったので、配膳に来ていただいた方に
聞いてみました。
そのひとは、学校を出て
ここに就職して
今日初めての、ここでの仕事です。
とおかみさんが紹介してくれました。
年齢は、20才くらいの女の子。

あちこち話が飛んですみませんが、
こういうこともあります。
和食料理人の知り合いが、お花のことをよく知っているので
どうして?と聞いたら、和食の有名店での修業時代に
修行中とはいえ、カウンターのお客に食材や
とりあつかっているものについて聞かれたら
わからないと言っちゃいけなくて、、
なんでも聞かれたことには答えられるよう
その日の食材はもちろん、飾ってある花の花言葉まで
覚えさせられたと。

で、ぼくはいつもそんな感じで興味をもつと聞きたくなるので
やはり聞きました。
来ていただいた新人お給仕さんに。

このぐにゅっとした茶色のは、なんでできているんですか?

にこっと笑って、
「さー?」

…?ことばに詰まって無言になってしまったので
あわてて、栃もち?と、具体的に
お返事をしやすく、フォローしてあげました。
すくなくともこちらはそのつもりでしたけど。

「なんでしょうねー」
にこっ
「あはは」

あはー
…わかんないよねー

つられて笑ってしまった。


わからないにしても、
聞いてきますとかいうのかと思った自分が
間違った。


でまたもや、
なんか魚を焼いて、お椀にしたものが出てきて
食べてみたらこれがうまい。

だしもよく出ていて
はたはた?
トビウオ?、
のりは岩のりみたいだけれど、土地のものかな。
ホテルなら、日本海のもの、とかいって中国の日本海だったりだけれど
ここのクオリティなら、地元のものではと思って聞いてみると、

「さー?
にこっ。」

なんでしょうねー
一緒に悩みましょう、
首をかしげてあげますというような
優しい女の子。

あはっ、お姉さんは、ここの地元の人?
つまり鶴岡でこういうものを食べてきてない?
と聞くと、

「鶴岡です。
でも、こういう中身とかはあまり…」

次に、「笹巻きです。」
とお姉さんもってきてくれて、開いて食べたら
これまた何だ?
透明な、つるっとした、食べ物だ。

来た時にまた、これはなんですか?
笹巻きを懲りずに指さすと

「笹巻きです。」

そんなのわかっとるわーい(内心の声ね)

優しくいいかえて、材料は、米ですかね?、と聞くと

しげしげと食べかけを覗き込んで
「米…みたいですよね。」

そんな他人事みたいに言われても…。
学校の授業で、あてられて迷っている学生みたいで
申し訳なくなってきました。

べつにからかったりしたわけではなくて、ただ
おいしい、という理由を知りたかった、
どうしてこれを出すのかそのわけが
知りたかったのですが、
どうも、お姉さんのどうして私にきくの?
というにこっ。
というなんにも悪意がない、表情に
どうでもいいやって、だっておいしかったし

地元で食べられている、材料を使って
おいしく作ろうとして、その結果おいしかったという
だけのことで手間をかけたとか、地元の食材だとか、

そんなのはここの人たちにとっては別にいいみたい。

帰り際、ちょっと年配のおばちゃんに聞いてみました。

透明な笹巻きは、何度も精米して吟醸にしたもち米を使い
広葉樹の灰であくぬきを三回くらい
丁寧にしないと濁ってしまって、透明にはならないのだそう。
あく抜きが下手だと濁ってしまうからばれてしまう。

鶴岡ではそれが当たり前で、でもよその地方では笹巻きというと
ご飯が入っているもののようですね。

もずくとか、岩のりも目の前の海岸で採りました。

…そういう話を聞きたかったよー、おばちゃーん。

2014/08/29

湯野浜海水浴場

Sr1054328 庄内に用事ができたので、、
仕事を早めに終えた金曜日
一年ぶりに出かけてきました。
せっかくなので、泊りにして
浜辺の近い小さな旅館でゆっくりしようかと。

鶴岡市湯野浜温泉。
先週で、海水浴は終了したので
誰もいません、仙台では雨も降ってきていましたが
こちらでは風もなく静かに
浜辺の最後のイベントを迎えようとしていました。

 
 

Sr1054316 足跡といえば、家の周りではもう
いろんな生き物の足跡があって、
熊のももちろんあって、タイムシフトみたいな
緊張感を刻んでいます。

ここのは、もうただ平和な鳥がよちよちと。

 
 
 
 
 
 
 

Sr1054346 このお日さまが、地球の反対側では、
暗闇に希望を照らすおはようのお日様と
思うとさらに神妙な気持ちになります。

お日様の沈むまでを見ていました。
時間をわすれてみていましたが
ここからは駆け足で水の中に落ちていく感じ、
シャッターを切るごとに色合いが違っていきます。

2014/08/27

来々

たまにいくあっさりラーメンを出す好きな店

「冷たい中華そば650円」 と手書きの張り紙

数日前の暑いさなかだったので、ここは間違わないように慎重に考えます。
中華麺のざる?、冷やし中華麺?
冷たいラーメン?
とりようによっちゃいろいろ取れるのですよね。

一応期待をこめて聞いてみました。

山形の冷たいラーメンみたいなものですか?

山形のはどうだか知らないけれど、うちのは中華そばを冷やしたものです、ぷんっ。

山形の冷たいラーメン知らないってなによ、と

こちらも思いつつ、一応、ざるではないということは確認したので
注文。

10822125501748 冷たくはなく、ちょっと温い?
味は、塩>醤油。

上に浮いているのは
氷ではなく、スープをゼラチンで固めたみたいなの。
おいしかったけど…

 

もう少し冷えたラーメン食べたかったな。

…というのはその暑い日だったときの感想。

今日の夜は部屋の中20度切ってる、ストーブつけたいくらい。

もうどうでもいいや。

2014/08/26

にゃんこ日和

という、名前のカフェ。

10826134312780 もろに津波が来た塩釜の川ぞいに有ります。
ビルの土台がむき出しになっていますが、
なかはリハウスしてあってキレイ。

入って、あれっなんか間違っちゃったかな
と思ったのですが、食べ物があったので
オムライスを頼みました。
500円、スープ付、ずいぶん安いけど
ちゃんとしておいしかったです。
量は…
たぶんぼくいつも食べすぎなんだと思います。

1r1054160 あー、もう少し、耳は長いほうが…。

いろんな猫グッズがいっぱいで猫好きのためのお店みたいでした。

2014/08/25

タイヤ交換とワイン

隣の山形県のディーラーにタイヤ交換をしに行きました。
仙台はどこもこんでいるので。
試しに。
けど、タイヤ持ち込み代も2本で2000円かかり組み込み全部で
5000円って、うーん高いような。

ダンロップタイヤ一本5000円と安く変えたのに…。
すいてて、速くて、愛想もよくて、買い物も行けていいんですが
費用的には微妙。

1r1054280 大浦葡萄酒のワインがイオンにあったので買ってきました。
さほどの知り合いではないけれど
以前、仕事で何度か訪ねたことがあるので
親しみ感はあります。

でも…ワインというより葡萄酒かなこれ。
山形のは飲みやすくて好き。

フランスの赤は、ときに
ぼくにはちょっと大人の味すぎて呑めないことがあります。
渋いお酒というのは、ビールの苦さウイスキーの辛さとはまた別もので。

(そらちゃん、スピーカーの前でじっと音楽聴いています。)

2014/08/24

うどん坊

1ca3i0051 こないだ気に入った高齢化がすすんだ団地の
ショッピングセンターアバイン
なかにある手打ちうどん「うどん坊」。

天丼セット。

えび  しめじ かぼちゃ なす  伏見とうがらし  いんげん   
なんかお年寄りむけに切れ目もはいってて優しい。

それになにがおいしいって ごはんがおいしい。
つやつや。

またいこっと。

860円。

パソコンインストールいろいろ

ぼく、けっこう忘れっぽくて、そのせいか目についたことから
いつもなにかうわの空でやっているような感じです。

で、そういうのはパソコンに
ずいぶん助けられていまして。
ブログも備忘録かわりになっています。
逆に吐き捨てのコトバみたいな
ツブヤイタ‐は、ちょっと。

パソコン、それが自分である程度使えるように
しなくてはいけない作業というのが結構あります。
カスタマイズなんてもんではなく、
単純につかえるようにする作業。

これがもう面倒くさくて、
おまけに、なにをどうしたか以前のことは
すっかりわすれしまって、

暗証番号だ、ログインだ
保存場所だ、エラーだ、見つからないだ、
なんだと神経すり減らして。

こないだ買った「7」をまた頑張って使えるようにしているところ。
いつか、また数年後悩むんだろうなと思うと
気が重い作業の途中。
いつまで、同じことを繰り返さなくてはならないのでしょう。

プラウザとかすら昔のをそのままつかっていると、
フラッシュやなんかも見れなくなって
どんどん通常に機能しなくなっていく。
バージョンアップできなかったりで、
せっかく覚えたものとしてソフト買い直し入れなおし
またやりなおしというのもどうも。

以前のパソコンから移せばそのまま使い続けられるというソフトが
ほんとに有難い。

たとえばメーラーのベッキー2とか。

おつきみうさぎ


  • moon info

うさぎカウンタ

宮城の天気

  • うさぎの天気

うさぎブログ

ページ情報

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31